HOTEL K5

かつて銀行や証券会社が集まり、“日本のウォールストリート”とまで言われていた日本橋・兜町は、いま再開発に沸いている。

そこで話題を集めているのが、日本初の銀行だった旧・第一国立銀行の別館建物を全20室の小規模ホテルのほか飲食店が入る複合施設として生まれ変わらせたK5だ。

1923 年竣工で歴史的建造物に指定されている外観、そして構造や床と壁の一部はそのまま残し、ストックホルムのデザインオフィスCKR(クラーソン・コイヴィスト・ルーネ)がインテリアを刷新した。

 建物の2〜4階に位置するホテルの内装デザインは、北欧と和のテイストが融合し、モダンであると同時にノスタルジック。「都市における自然との共存」をデザイン・テーマにしており、至る所に置かれた樹木、大きな窓からカーテン越しに降り注ぐ優しい光などの自然が取り入れられ、心を和ませる効果を出している。

 カフェやレストランは、ホテルと内装がリンクしつつ、それぞれ独創的な味わいを提供する。国籍にとらわれない季節の料理とナチュラルワインやビールを楽しめるレストラン「Caveman」や、ニューヨークのBrooklyn Breweryのクラフトビールが楽しめるビアホール「B」、アジアのお茶や漢方をベースにしたカクテルが人気のライブラリーバー「Ao」など、興味が引かれるラインナップだ。

1923年に建てられた第一国立銀行の別館。
ライブラリー・バー、Ao

HOTEL K5  ケーファイブ

東京都中央区日本橋兜町3-5 

TEL 03-5962-3485

ACCESS 東京メトロ 茅場町

FACILITY レストラン、カフェ、バー、ビアホール

https://k5-tokyo.com/

GOOGLE MAPS

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。