PORTER OMOTESANDO

手縫いの鞄職人、吉田吉蔵が1935年、神田に創業して以来、吉田カバンは「一針入魂」を社是に、日本製にこだわって鞄作りを続けている。黒澤明監督作品の『天国と地獄』で重要な小道具として吉田カバンによるクラシックなレザーのブリーフケースが採用されたというエピソードも興味深い。

クオリティと機能性への評価は当初より高かったが、80年代以降、そのデザイン性が世界から注目されるようになった。

コレクションブランド、陶芸家、It企業、品質を重んじる老舗など、様々な業態のプロフェッショナルとコラボした製品にも注目したい。

2000年に初の直営店を表参道にオープン、2017年にこの店の名称をポーター・オモテサンドウに変更し、拡張リニューアルした。店内にはアトリエを擁し、鞄職人の手仕事を実際に見ることができる。吉田吉蔵のクラフツマンシップをしっかりと受け継いだメゾンの真髄に出会える店だ。

吉田カバンは2020年に創業85周年を迎えたのを記念して、他ブランドとコラボした20以上のスペシャルアイテムを発売。アーティストの村上隆とコラボしたバッグ2 Way Tool Bag (101,200円 税込)は、巾着型のバッグに村上のシグネチャーである花をモチーフにした取り外し可能なぬいぐるみがついている。

世界最古のぬいぐるみメーカーSteiff(シュタイフ)社に製作を依頼したくまのぬいぐるみTeddy Bear (55,000 円税込)は、吉田カバンのブランド「ポーター」にちなみテディベアがポーター(カバンの運搬人)に扮している。付属の木製のカバンは家具メーカー、カリモクに依頼したもの。

遊び心ある、魅力的なアイテムが揃っている。

自然光が入る店内
店内の工房で職人の技を見ることができる

ポーターの扮装をしたシュタイフ製のくまのぬいぐるみ¥101,200 (税込) ©Margarete Steiff GmbH 2021
村上隆とコラボした2 Way Tool Bag ¥55,000 (税込)© 2021 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

PORTER OMOTESANDO ポーター・オモテサンドウ

東京都渋谷区神宮前5-6-8

TEL 03-5464-1766

OPEN 12:00 – 20:00 ※状況により営業時間に変更の可能性があります。

CLOSED 不定休

ACCESS 東京メトロ 表参道

https://www.yoshidakaban.com/shopinfo/omotesando/

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。