東京ステーションホテル

国の重要文化財に指定された東京駅丸の内駅舎の中に位置する、稀有なホテルだ。ヨーロピアンスタイルのレンガ造りの建物は辰野金剛の設計で、1915年(大正4年)に誕生した。

2012年に東京ステーションホテルは大規模な改装を経てリニューアルオープン。客室の内装もまた、ホテルの外観同様、エレガントなヨーロピアンスタイルだ。

かつては松本清張、江戸川乱歩、川端康成などの作家の御用達ホテルであり、『点と線』(松本)の列車トリックは松本がホテル滞在中に生まれたと言われる。『怪人二十面相』(江戸川)、『女であること』(川端)には、このホテルが登場している。小説を読みながら滞在するのも楽しい。

大正時代に開発された人気メニュー、ビーフシチューは、現代風にアレンジしたレシピで今でもバー&カフェ、カメリアにて味わうことができる。

東京ステーションホテル

東京都千代田区丸の内1-9-1

TEL 03-5220-1111

ACCESS JR & Tokyo Metro 東京

FACILITY スパ、レストラン: 日本料理 (懐石、寿司、鉄板焼き、焼き鳥)、中華料理、フランス料理、イタリア料理、カフェ、バー

https://www.tokyostationhotel.jp

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。